Monthly Archives: 11月 2014

高校生のアイディアがグーグルにも

2014年11月30日 by ameri | No Comments | Filed in 気になる話題

岐阜県だったと思うのですが、高校生がグーグルのロゴを作成して、それが見事に認められて受賞したっていうニュースがありましたがとても素晴らしいですね。

ああいうのはきっとある程度年齢がいってしまって頭が固くなってしまうと、こなんていうんでしょうか?ピンときたアイディアは生まれてこなくなってしまうんだと思います。

柔軟で縛りがないぶんそれだけひらめきがあるっていうことなんだと思うのですが、逆にいえば、年をとってしまったら、ちょっと環境の違うところに自分を置いてみることでまた新しい発想ができてくるってうことなんだと思います。

ある意味高校生に交じって何かをしてみるのもいいことなのかも知れないですね。

ヘスペリジンと緑色のみかん

2014年11月23日 by ameri | No Comments | Filed in 気になる話題

ヘスペリジンっていう名前の健康増進作用がある成分をつい最近しったのですが、生活習慣病や冷え性改善によいという事で今この成分が含まれているサプリメントを服用しようかどうかっていうので考えていたんですね。
でも、少し気がかりな事があったんです。何かというと、このヘスペリジンという成分っていうのはみかんからとれるものらしいのですが、実際にはみかんといよりもまだ熟していない緑色のみかんからとれるんだとか。
ヘスペリジンサプリメント
なんとも不思議なものだなって思ったのですが熟してしまうとあんまりとることができないのかな?なんて思いました。
さてこのヘスペリジンサプリメントは今有名なサプリ会社とかお菓子を作っている会社とかがこぞって生産しているみたいですが、もしかしたら、この成分は将来的には健康のためにということでブレイクするかも知れないですね。
ただ、あまりすぐに効果がでる、というものでもないみたいです。だいたい最低でも2カ月ぐらいは続けないといけないとか。まあ本来は健康補助食品なわけですからそんなものですね。

だいたいなくても平気になってきます

2014年11月23日 by ameri | No Comments | Filed in アメダイアリ

最近バターが品薄で大騒ぎになっています。
かつて品薄で大騒ぎになった商品は数えきれないほどありました。
昨年うなぎが獲れなくなって品薄・高騰になったときは大騒ぎになりましたね。
でも今うなぎを話題にする人はほとんどいません。
ついでに、ブログやSNSなどで「うなぎ食べましたー」報告をする人もいません。

日本人といえばうなぎとまで言われたころが懐かしいですね。
もっとも、私が子供の頃はうなぎなんて土用丑の日にしか食べませんでしたから。もともと日常的なものではなかったのです。
バターも同様。パンやお菓子づくりを生業としているか趣味にしている人でもなければ日常でなくてもさほど困らないもの。
今はブームになって余計に買い占めてしまう人がいるだけで、だいたいなくても平気になってきます。
するといつのまにかスーパーの棚にも元通り並んでいるようになるんです。

選挙合戦が始まりますね。

2014年11月21日 by ameri | No Comments | Filed in 気になる話題

今日はついに国会で内角の解散が宣言されることになりましたが、これで完全にあそこにいた衆議院議員は選挙モード、つまり戦闘モードになったという事が出来ます。

これからは政治家にとっては戦争のようなものなんだそうです。やっぱりあそこに当選することによってあそこに戻ってこれるひともいれば逆に当選することができずにそのまま一般人になってしまう人だっているわけですから。

そういう意味では解散総選挙というのは、ある種の政治家の人にとっては就職活動のようなものと言えるのかも知れません。

いずれにせよ、今回の選挙で今までの安倍政権の是非が問われることになると思いますが、その結果は早く見たいものですね。

赤血球が少ないのあれば何とかしなければ

2014年11月15日 by ameri | No Comments | Filed in 気になる話題

知り合いの女性が赤血球が少ないということをお医者さんに言われたみたいで、すごくショックを受けていました。どうしたらいいのかな?と相談をうけたので、私の知っていることを話してあげることにしました。

基本的にはこの状態になるのは鉄分が不足しているからですが、それをどれだけ摂取できるのか、ということについては人それぞれ吸収力というの違うし、それにある程度期間を見ないと急に増えてくれるものではありません。

ただ、一つ言えることは、毎日の食生活を見直さなければいけないことについてはお話をしました。というのも彼女はだいぶ手軽な弁当、つまりスーパーとかコンビニで販売してるようなものばかりをとっていたのですが、これでは確かに赤血球が少なくなってしまうのも無理はありません。

鉄分とかビタミンが明らかに不足しているような食生活からの脱却を図らなかければどうにもならないです。

彼女はこれからは今までの食生活を見直してくれることを約束してくれましたが、それをしっかりと実行に移してくれるといいのですが。

赤血球 少ない

ココナッツオイルがどうして今・・・

2014年11月14日 by ameri | No Comments | Filed in 気になる話題

ココナッツオイルというとたいていは食事に使うものとしてというイメージがあると思うのですが、この頃ではこの食品としてだけではなくて健康を保つための一つの健康食品として注目を浴びるようになってきています。

そのきっかけとしては私が個人的に思うことなのですが、やっぱり今の日本が抱える最も深刻な問題である高齢化社会と深く関係があるのだと思います。

というのも、ココナッツオイルがこれだけの人の注目を浴びるようになってきた背景としては、これが認知症の予防や改善に効果があるという医学的な根拠が示されたからです。

これは今高齢化社会に付随するテーマとしてとても大きな光となり得るものだと思います。誰しもが年齢を重ねるにつれてだんだんとその健康は損なわれていきますが、認知症というものは非常に多くの人を巻き込むものです。
http://coconutoilinfo.net/

こうした深刻な問題に対しては今まではその解決方法が何も提示されていなかった状況下で、ココナッツオイルという一つの光が差してきたことはとても喜ばしいことだと思います。

いつか再現したいチーズケーキ

2014年11月13日 by ameri | No Comments | Filed in アメダイアリ

美味しいケーキを頂いたきました。ベイクドチズケーキなんですが、さっぱりして私好みの味。濃厚なチーズケーキも好きですが、このくらいさっぱりしているのも好きです。
近所の店みたいなんですが、こんなお店があるなんて知らなかったからびっくりです。紅茶がよく合います。

お店のホームページを見たら、使用しているチーズが書いてあったのですが、意外にも普通にスーパーで売っているチーズでした。割とリーズナブルなチーズを使っているのに、この味が出せるなんてすごい。もしかして、私にもできるかなと思ってチャレンジしてみたのですが、やっぱり駄目ですね。もうちょっと研究してお店の味に近づけたいと思います。

大阪市が株を売却

2014年11月10日 by ameri | No Comments | Filed in 気になる話題

大阪市はものすごい数の関電の株式をもっているみたいですが、何やらあまり気が合わないのか、今後関電の株式の売却をする方向で進められていくみたいですね。

ただ、ニュースでやっていたのですが、大阪市は関電から毎年50億円以上の配当金を受け取っていたみたいで、それがなくなってしまうのはいいのかな?なんて思ってしまいます。

ただ、そうはいってもその何十倍もの売却益があると思うのですが、その金額がちょっと気になってしまいますよね。だって配当金が50億円ということはそれだけのものってことだし。

個人的には大阪市の橋本さんにはこれからもガンガンやっていって欲しいですね。

中国との関係が改善するか?

2014年11月9日 by ameri | No Comments | Filed in 気になる話題

今までは歴史問題が象徴的な問題として日本と中国の間では見えない軋轢があったかのように思えてましたが、今回の安倍総理大臣の訪中によって何か変わることがあるのでしょうか?

一応中国側も今後の展望を見るためにっていう感じで会談には応じるようですが、アジアの2大国としてうまくいい付き合いができればいいのになって思うのです。

ただ、懸念されるべき問題が誰もが知る通りに山積みにされている現実を見るとちょっと難しいのでは?とも思ってしまいますが、そこは安倍総理大臣の腕の見せ所ということでなんとか良い方向へと進んでいって欲しいと思います。

これから地方の銀行は

2014年11月8日 by ameri | No Comments | Filed in 気になる話題

地方の人口というのは明らかに小さくなってく傾向にありますが、こうなると確実に経済面においてもかなりの影響がでてきてしまうものは当然のことだと思います。
つまり、経済自体は拡大していくのではなくて、こちらも縮小していくという事ですね。

そして、その大きな流れのなかで、また地方の銀行が再編を迫られているという事実があるんだそうです。

しかも、これは金融庁もお墨付きで、いわばおかみの意向といってもいいでしょう。

こうなってくると以前大銀行が合併と吸収を繰り返したように今度は地方銀行においてもそれが繰り返されることになるのは必至と言っても良いかも知れないですね。