Monthly Archives: 1月 2016

なぜ肌のバリア機能は低下するのか?

2016年1月29日 by ameri | No Comments | Filed in 美容術

肌のバリア機能はどうして低下してしまうのか?という問題についてはいくつもの要因があるといわれていますが、いずれにしても一筋縄ではいかないのが実際のところです。

一つまず考えるべき要因は紫外線。

皮膚は紫外線を浴びると皮膚に活性酸素が発生し、皮膚細胞を酸化させ、遺伝子を傷つけます。

遺伝子を傷つけられると、あらゆる皮膚トラブルの原因となり、同時に角質層にも刺激となり、そしてバリア機能を損傷して皮膚細胞の正常な再生を妨げるといわれています。

住環境もまた大きな要因といわれます。

都市部では機密性の高いマンションが増えましたが、1年中快適な気温を維持するためにエアコンを使います。

エアコンを1年中使っていると、汗をかかなくなり、皮膚の機能が低下すると考えられます。

さらに、化粧品や合成洗剤などに使われている、界面活性剤。

界面活性剤も皮膚のバリア機能を壊す要因とされています。

また、食生活についても要因と考えることができます。

食べ物の嗜好の変化によって日本人は加工食品や肉類を以前よりもたくさん食べるようになりました。

その結果野菜の摂取量は減少し、ビタミンやミネラルの少ない食生活を送るようになりました。

皮膚に必要なビタミンやミネラルが十分摂取できなければ、細胞間脂質も作られにくくなってしまいます。

最期に、環境ホルモンによる影響も少なからずあるのでは?と言われています。

肌のバリア機能が低下する要因ははっきりとは解明されていませんが、皮膚疾患であるアトピー性皮膚炎がバリア機能低下によってもたらされているのは間違いないことだといえます。

アトピーとステロイド依存症

2016年1月25日 by ameri | No Comments | Filed in 美容術

アトピー性皮膚炎と診断されて治療を行っている人の多くは一度はステロイド外用薬を使ったことがあると思います。

ステロイド薬は、副腎から分泌されるステロイドホルモンを人口的に合成した薬で、炎症を抑制する薬です。

この薬を使うと、これまで何をやっても収まらなかった炎症がピタッと嘘のように治まり、肌もすぐにキレイになることが多いです。

ですが、このステロイドの高い効果が逆に、ステロイドに依存してしまう状態を作り出し、ステロイド薬なしでは生活ができない状態のレベルにまでなってしまう事があります。

しかし、この薬には副作用があります。

特に、1ヶ月以上も使い続けることになると、副作用は出やすくなります。

副作用として最も知られている症状としては、皮膚の萎縮です。

皮膚の細胞の増殖が抑えられることによって皮膚は薄くなってしまいます。

皮膚が薄くなってしまった結果血管が浮き上がり、いわゆる赤ら顔といわれるような状態になります。

皮膚が薄くなってしまうと、肌のバリア機能も低下しやすく、細菌やカビ、ウィルスなどにも感染しやすくなります。

さらに、バリア機能が低下してこうした肌が弱い状態になってしまえば、さらにアトピー性皮膚炎は悪化してしまう事になります。

ステロイドをアトピー性皮膚炎に使うのはやむを得ない場合がほとんどだと思いますが、必要最低限に留めておくのが大事ですね。

セラミドを作り出す薬草

2016年1月24日 by ameri | No Comments | Filed in 美容術

セラミドを作り出すための薬草がある、というのは漢方の世界では常識のようですが、具体的にいうと、苦参(クジン)、甘草(カンゾウ)、当帰(トウキ)などがあります。

漢方でアトピーを治療する場合に使われている薬草というのは、セラミドを作り出す薬草だといってもいいほどの効果があるようですね。

これらの生薬が配合されているセラミドをアトピー性皮膚炎に悩んでいる人に使ってみると、その改善率というのは、8割にも上るんだそうです。

一般的な保湿効果が高いといわれている化粧品であっても、この8割の改善率というは、ほとんど不可能な状態のなかで、漢方で作られた先程の成分が配合された化粧品の有効性というのは非常に高いものだと思います。

アトピーの人はセラミドが足りなかった!

2016年1月23日 by ameri | No Comments | Filed in 美容術

アトピー性皮膚炎の人は例外なくといってもいいほどドライスキンです。

ドライスキンというのは、文字通り乾燥肌のことですが、皮膚から皮脂や水分が著しく不足してしまっている状態です。

さらに、皮膚が薄くなっている状態でもあります。

皮膚のバリア機能は、皮膚の表面である表皮を覆っている皮脂膜がその役割を担っていると考えられていました。

だから、お医者さんたちはアトピー性皮膚炎の対策として、皮脂膜に近い成分であるワセリンを塗っていたんですね。

ですが、皮膚に対しての医学的な研究が進むにつれて、単純に皮脂膜だけではなくて、皮膚の構造自体そのものがバリア機能として働いていることが分かってくるようになったんです。

皮脂膜の下の皮膚は、角質層の細胞がまるで煉瓦のように積まれた状態になっています。

この角質層の細胞がぎっしりと隙間なく並んでいる状態は、外部からのアレルゲンが入り込むことはできません。

この状態こそが皮膚を守っているんですね。

そして、この隙間なく並べるためには、セラミドと呼ばれる細胞間脂質が不可欠です。

セラミドはまるで接着剤のように細胞と細胞をつなぎ、セメントで煉瓦を固定しているような状態で隙間を埋めているんですね。

だから、このセラミドが不足した状態というのは、角質層に隙間が生まれることを意味します。

そして、その隙間からアレルゲンが皮膚のなかに入ってきてしまうことになるのです。

さらに、セラミドは天然の保湿在と呼ばれることがありますが、皮膚に蓄積された水分を皮膚の外に逃がさないようにするための役割も担っています。

ふっくらとして水分がある皮膚というのは、このセラミドが十分にある状態なんですね。

アトピー性皮膚炎の肌は、このバリア機能と保湿機能を担っているセラミドが極端に少ないことが分かっていますが、言い換えれば、アトピー性皮膚炎とセラミドはとても深い関係にあるんですね。

アトピー性皮膚炎で、セラミド補給をしたことがない人は、一度セラミドを補給する対策をとってみて下さい。

きっと何かしらの改善傾向がみられることが期待できます。

プレミアム酵母で痩せ体質を手に入れる方法

2016年1月21日 by ameri | No Comments | Filed in アメダイアリ

プレミアム酵母で痩せ体質を作ることはできるか?手に入れる事はできるか?プレミアム酵母のネット上の広告を見て興味をわいた人のなかにはきっとそんな人もいると思います。

結論から言ってしまえば、プレミアム酵母によって痩せ体質は作ることは可能だという事ができるでしょう。

しかし、もちろんですが、このサプリメントだけで痩せ体質を作ることができるか?といえばそうではないです。

参考情報
プレミアム酵母にダイエット【効果なし?】通販前の口コミチェック※

そもそも痩せ体質な人っていうのを分析してみると分かるのですが、太りにくい人は太りやすい人よりも基礎代謝が高い状態にあります。

基礎代謝とは一般的には人間が何も活動していない状態で消費されるエネルギーのことをいいますが、これが高い状態というのは、何もしてないにも関わらず脂肪をどんどんとかしていってくれている状態です。

痩せ体質なわけですね。

では、この脂肪をどんどんとかしていってくれる状態にするために必要なのは何なのか?という点ですが、それは筋肉なんですね。

筋肉のある人は太りにくいというのは聞いたことがあるかも知れないですが、この筋肉をつけることこそがダイエット成功、そして痩せ体質を維持していくうえで非常に重要になってくる要素なんです。

ライザップなどのダイエットサポート事務はまさにこの考えをそのまま表したようなところです。

プレミアム酵母のようなサプリメントで今後つくであろう脂肪をつかないようにすることも大切な事ですが、今現在ある脂肪はエネルギー消費によってとかす以外にはありません。

つまり、運動が必要なのだということです。

プレミアム酵母はダイエットサポートサプリメントとして一定の効果が期待できるサプリメントですが、これに依存しているだけではダメ、ってことですね。