パワハラの実態とは

2015年5月6日 by ameri | Filed under アメダイアリ.

世間ではもう市民権を得た感じのあるパワハラという言葉ですが、これはかなり線引きが難しい問題とも考えられますね。

つまり、何がパワハラになって何がそうでないか、という。

一つの指標としては、業務上の立場を利用していじめとも取れるような言動というのは、パワハラといってもいいのではないかと思います。

というのも、このことばの実態というのはたいていは上司が部下に対して個人的な嫌悪感を抱いているときに生じるものだと思うからです。

つまりは、いじめにも似た感情を上司が部下に対してもち、それが言動となって表れたときにいわゆるパワハラといわれるような言葉がでてくる事が多いと思うのです。

正直この手の問題がなくなる事はないと思うのですが、どこかで線引きをしないといけないっていう事を考えるとひとつのとらえ方としてありなのではないかと思います。