ワキガの手術が失敗に終われば、その後の対策は・・・・

2015年6月17日 by ameri | Filed under アメダイアリ.

この季節になれば、どうしても脇に汗をかくこともふえてくるので、そうなれば脇に臭いがあると、周りに気づかれないようにするためにとにかくいろんな対策をするうことにりますね。

 

デオドラントから始まって、あまりにも臭いがきつくなるとそれこそワキガの手術なんていうものも検討することになります。

 

さて、このワキガの手術ですが、実はそこそこ失敗に終わったという話がネット上でもよく見かけるのですが、実際にワキガの手術に失敗してしまったあとはその後の対策としてはどうしたらいいのでしょうか?

 

手術ですから、それは100回もすれば1回ぐらいは失敗してしまうのは分からなくもないですが、そうはいってもワキガの手術に失敗したあと何も対策ができない、なんていうことでもないと思います。

 

調べてみたところ、選択肢は2つあるみたいです。

 

一つはもう一度ワキガ手術を受けること。

 

失敗になった原因としては、脇の皮膚の下の方にあるアポクリン汗腺とかエクリン汗腺が完全に除去されていない場合にまた臭いがでてきてしまう事があるようですが、これは要するに完全に除去すれば臭いはなくなることになります。

 

もちろん、再度臭いがでてきてしまうリスクがないという事ではないです。

 

それともう一つは手術は諦めて、デオドラントで対策する選択肢。

 

デオドラントではそもそも失敗するという事がないので、安全といえば安全です。

 

ただ、根本的な治療にはならないところがデメリットといえるでしょうね。

参考:ワキガの手術には失敗もある。