低金利時代が続くと抱えるリスク

2015年3月20日 by ameri | Filed under アメダイアリ.

低金利時代に突入してからもう数年になりますが、今後もおそらくですが、まだ少しの間は低金利の時代が続くと考えられます。

今のところはアベノミクスの効果が少しずつでてきたとは言っても、それでもまだその経済波及効果は地方、それに個人にまではいっていないと思うからです。

そうなると、この段階で利上げをしてしまう事は、せっかく持ち直してきた経済に打撃を与えてしまう事になるので。

景気が低迷している時はこうした低金利政策をとることは確かにセオリーだという事ができますが、だからといってそれはメリットばかりではありません。

なぜなら、それは次にくるバブルの温床を作りだしていることになるからです。

また視点を変えていうと、日本銀行の金利のかじ取りはこうしたバブルの温床をいかに作り出さないで低金利施策をとることができるか、という事が大事だと言えますね。