労働者と会社への損害賠償責任について

2015年11月24日 by ameri | Filed under アメダイアリ.

労働者は会社に対して就業規則上の義務を負っているといえますが、この就業規則において労働者の不注意で会社に損害を負わせた場合に、これは会社に対して損害賠償責任を負う必要があるのでしょうか?

この問題については、栽培所でもなんどか争われたケースがあるみたいですが、基本的には裁判所は労働者が損害賠償責任義務を負う必要性はないといっています。

あまりにも故意を持ってして、損害を発生させた場合を除いて。

これは裁判所としては妥当なところでしょうね。

だって、従業員が会社に利益をもたらしたとき、それは当然会社のものになるわけですし、損害が発生したときだけ従業員に負わせるなんていうのはあまりにも理不尽だし、昨今のブラック企業が激増している世の中では、従業員に負担を負わせすぎるのは、社会的にもリスクがあるといえるでしょうね。