営業本は間違いだらけ

2014年10月17日 by ameri | Filed under アメダイアリ.

巷の本屋さんなどで販売されている営業本というのはほとんどが間違いだらけのものになっている事が多いみたいです。

実際にはそれをかいている人は本当にトップセールスマンである可能性が高いとは思うのですが、かといってじゃあきちんとした営業の本を書けているかというとこれまた別の話になるんだそうです。

名プレイヤー名コーチに非ず。みたいなことだと思います。

それともう一つ重要なことは、あまりにも完成度の高い営業本をかりに出してしまったとしましょう。

そのあと営業関係の本は売れることはあるでしょうか?

たぶん、売れることはあるかもしれないですが、かなり営業関係の本の売上というのは落ちてしまうと思います。

つまり、出版社があまりもうからない状態になってしまうわけですね

なので、営業本というのは実はかなりあてにならないもので、しかも中途半端で結局は意味がない、みたいな事が多いということなのです。