夏の風邪はこの時期の養生訓

2016年8月26日 by ameri | Filed under アメダイアリ.

お盆の夏休暇で出かけず運動不足というものか、夏風邪のひき始め、でも日ごろから想定はしていて、風邪の必要分は常備しています。

夏風邪対策の参考ページ⇒夏かぜ (夏風邪)梅雨時から夏に流行 症状・予防・対処法 季節の症状 医療特集 – メディカルiタウン

日本の習慣や人生訓にはいい諺とか慣用句というのもありますが、夏風邪をひいたと言うと「夏風邪は〇〇がひくものだ」と言うから早速対処。

常備薬も夕食後には飲んで、就寝も涼しい気温にフィットするスタイル、翌朝も症状があり足元から温めるソックス。

この時期としては涼しい28℃という、秋風の空気みたいな気温でしたから、長袖を着込んでまずまずという恰好だったのにです。

メリットとしてこれを考えれば、夏でも身支度と室内の空気を調整するのが必要という点と、暑かったり涼しくなったりの気象がピンポイント。

8月中旬から一カ月後、お彼岸の時期のコンディション考えるし、健康的な生活スタイル傾向ですごせます。