東芝の行く末。取引先との付き合い次第では破たんもありうる。

2015年10月2日 by ameri | Filed under アメダイアリ.

東芝のあの不正会計の問題からブランド力が失墜したのか、決算においては特別損失だけではなくて、通常の営業においてもだんだんと厳しい環境になってきている様子がうかがえますね。

というのも、不採算事業においては売却もありうるというのがニュースでもやっていましたが、これは立て直す余力がないからこその話だと思います。

本来であれば自社で立て直そうとするものですが、それができない。

なぜなら、財務状況がこれ以上悪化するのは、ヘタをすれば経営破たんの可能性もあるからです。

今後もし東芝が本気で立ち直ろうとするのであれば、社内の空気を変える必要性があると思います。

まるで東芝ではないかような空気に。

ただ、そこまでする気があるのかどうか?以前旧経営陣は幹部に居座っている状況ですからね。