株価が2万円になったことを受けて

2015年4月12日 by ameri | Filed under アメダイアリ.

先日日経平均が2万円代にのったことをうけて、様々なところで、これからどうなる?といった話がされていますが、私としてはまだまだ楽観できる状態ではないというのが正直なところです。

というのも、今までの株価上昇は経済の先行きを見通してというよりも、どっちかといえば金融政策の結果として、株式市場にお金が流れただけにすぎないと思うからです。

つまり、何がいいたいのか?というと、日本国内の実態経済は依然として、景気はよくなっていないのでは?と思うわけです。

一部では地価の上昇などがみられることもあるようですが、あくまでも一部です。

全体のなかのほんの少しのところだけが、お金のまわりがよくなっているすぎないと考えています。

これからは、少しだけよくなってきているこの循環をどうやって全体へと波及させていくかが大きな問題だといえるのではないでしょうか?

それまでに株価が下がらずにもってくれればいいのですが・・・。