社会消費の削減案といてのジェネリックの普及

2015年5月20日 by ameri | Filed under アメダイアリ.

日本の財政はいうまでもなく、社会保障費によってものすごく圧迫されています。だけど、じゃあ、これを簡単に削減して良いものか?という話になれば、当然そんな事はないわけです。

社会保障費が簡単に削減されるような事態になれば、病気にかかりやすい高齢者の生活は立ち行かなくなってしまう事もでてきてしまうので。

では、どうすれば無理なくこれを削減できるか?という事について、今薬の代金が注目されています。

薬の代金はあたらいい薬を使えば、使うほど高くなってしまうものですが、これを効果効能が同じ後発薬を使えばかなりの節約になるからです。

しかし、問題もあります。新薬を開発してビジネスをしている人からすれば、新薬が売れなくなってしまう事は死活問題になりかねないからです。

開発に何年もの歳月をかけてようやく作った薬が、すぐに後発薬扱いされてしまっては・・・

難しいところだな。