酔っ払って失くした物は記憶だけでした

2017年9月9日 by ameri | Filed under アメダイアリ.

類は友を呼ぶとはよくいったもので、私の友人たちは皆お酒が大好きです。

 

 

そして見事なまでに強いのです。そんな酒好きな友人と一緒にいるうちに、私もそれなりに強くなりました。

 

 

とはいえ、酔いやすいお酒もあります。それはワインです。

 

 

焼酎や日本酒はかなり飲んでも記憶をなくすような事は殆どないのですが、ワインとなると話は別で、ある一定量を超えると、そこから記憶か飛んでしまう事もしばしばあります。

 

 

先日も酒好きな友達と飲んだのですが、その日はイタリアンという事もあり赤ワインをしこたま飲んでしまいました。

 

 

女3人で4本空けてしまい、帰りはどうやって電車に乗ったのかほとんど記憶がありませんでした。

 

普段なら、家に着くと同時にベッドに倒れ込むように寝てしまうのうですが、その日は違いました。駅の改札を出たあと、何の気なしに鞄を見るとお財布がないのです。

 

 

一瞬頭が真っ白になり、その次の瞬間酔いは吹っ飛びました。慌てて飲んでいたお店に電話をかけると、お財布は大事に保管されていたので事なきを得ました。

 

 

支払いの時に鞄から出した記憶さえなかったのですが、テーブルにあったとの事でした。

 

 

しかし、あんなに酔っ払っていたのに一瞬で酔いがさめたという事実に、人間の心と体の不思議を感じ、そして、お酒の怖さも同時に再認識したのでした。

 

また、飲み過ぎは明らかに健康に悪いですしね。

飲酒とがん死亡率との関係について:たばこの影響 | 現在までの成果 | 多目的コホート研究 | 国立研究開発法人 国立がん研究センター 社会と健康研究センター 予防研究グループ