金融庁は新日本監査法人に厳しく対処してほしいですね。

2015年11月19日 by ameri | Filed under アメダイアリ.

金融庁は東芝の監査をしていた新日本監査法人に処分を下していましたが、もっと厳しくしてほしい感じを受けたのは私だけでしょうか?

東芝の今回の会計問題については明らかに不審な点がたくさんあったと思うのですが、それを見て見ぬふりをしたのは、粉飾決算の片棒を担いだのと全く同じことです。

私たちには、残念ながら見抜くことができませんでしたっていう、言い訳は通用しないし、それに見抜けないのではあれば、監査力が劣ることを意味し、監査法人としての存在意義すら疑いたくなってしまいます。

ビジネスモデルとして監査法人というのは微妙な立ち振る舞いが必要なのはわかりますが、だからといって粉飾決算を簡単に、しかもほぼ意図的にといってもいいのですが、見過ごすなんていうのは会計の番人たる会計士集団がすべきことではありませんよね。