高校生の郊外での政治活動について

2015年12月21日 by ameri | Filed under アメダイアリ.

高校生が郊外で政治活動をする際には学校に届ける必要性があるのではないか?という議論が選挙権が18歳以上に引き下げられるようになる議論に付随して生じているようですね。

政治活動を行うには確かに、一定のリスクがあると思います。

というのも、相対する政治思想とデモなどで遭遇すれば、暴力行為に発展する可能性があることは否めません。

高校生がもし政治活動中に怪我をするとなれば、当然のように今の世論は学校側の監督責任を追及してくるでしょう。

郊外での監督責任があるかないかにかかわらず、批判というものはでてきてしまうと思います。

となれば、学校側としては、その批判を避けるためにも、これらの活動に対して一定の認識をしておきたい、というのがあるのでしょうね。