GDPマイナスに振れたことによって政府は

2015年8月19日 by ameri | Filed under アメダイアリ.

GDPがマイナスであるにも関わらず、経済状態は回復傾向にある、という発言をした大臣がいましたが、いったい何をいっているのでしょうか?と言いたくなります。

というのも、GDPという指標は国内での生産を表したものですが、これが前期と比べてマイナスとなっているというのは、明らかに好調とは言えないものです。

むしろ、このマイナスがきっかけで、経済は冷え込んでしまう可能性すらあるといってもいいでしょう。

何か対策を必要であることはいうまでもないですが、ようやく自民党の幹事長がそれに気づいたみたいですね。

経済は常に浮き沈みのあるサイクルを繰り返すようにできています。

今はその沈んでいるときなのですが、これを放置しておくとさらに沈んでしまいます。

再浮上させるための施策が必要なのは言うまでもないですよね。