Archive for the ‘美容術’ Category

目を老けさせる要因を除去してくれるアテニアのアイクリーム

2016年2月3日 by ameri | No Comments | Filed in 美容術

アテニアのアイクリームはまぶたのたるみ、目の下のクマ、それに目尻のシワ対策としてアットコスメで効果を実感している人が多いアイクリームです。

アイエクストラセラムとして、公式サイトでも販売されていますが、このアテニアのあいクリームは見た目年齢を5歳若返らせてくれるということで、エイジングケアに熱心な女性からは注目を浴びています。

まだ発売からそれほど時間が経っていないので、レビュー数はまだまだ少ないですが、その少ないレビューのなかにもかなり実感している人が多いというのが実際のところ。

特に、潤いについてはほぼ100%といっていいほどの実感力で、さらにはハリや弾力についても納得いく効果ということで、これからも使い続けたい人が多数でてきている状態です。

アイクリームといえば、いろんなブランドがあり、それこそ値段が高いだけで大した効果も感じられないものが多いなか、アテニアのアイクリームはこれからさらに人気が拡大していくのではないかと思います。

ハリを感じられるっていうのが大きいですよね。保湿力が高いアイクリームはそれこそ他にもありますが、弾力やハリとなるとやはりメーカーやブランドによって違いがありますからね。

アテニアアイクリームに【効果なし?】口コミと楽天・アマゾンの通販

なぜ肌のバリア機能は低下するのか?

2016年1月29日 by ameri | No Comments | Filed in 美容術

肌のバリア機能はどうして低下してしまうのか?という問題についてはいくつもの要因があるといわれていますが、いずれにしても一筋縄ではいかないのが実際のところです。

一つまず考えるべき要因は紫外線。

皮膚は紫外線を浴びると皮膚に活性酸素が発生し、皮膚細胞を酸化させ、遺伝子を傷つけます。

遺伝子を傷つけられると、あらゆる皮膚トラブルの原因となり、同時に角質層にも刺激となり、そしてバリア機能を損傷して皮膚細胞の正常な再生を妨げるといわれています。

住環境もまた大きな要因といわれます。

都市部では機密性の高いマンションが増えましたが、1年中快適な気温を維持するためにエアコンを使います。

エアコンを1年中使っていると、汗をかかなくなり、皮膚の機能が低下すると考えられます。

さらに、化粧品や合成洗剤などに使われている、界面活性剤。

界面活性剤も皮膚のバリア機能を壊す要因とされています。

また、食生活についても要因と考えることができます。

食べ物の嗜好の変化によって日本人は加工食品や肉類を以前よりもたくさん食べるようになりました。

その結果野菜の摂取量は減少し、ビタミンやミネラルの少ない食生活を送るようになりました。

皮膚に必要なビタミンやミネラルが十分摂取できなければ、細胞間脂質も作られにくくなってしまいます。

最期に、環境ホルモンによる影響も少なからずあるのでは?と言われています。

肌のバリア機能が低下する要因ははっきりとは解明されていませんが、皮膚疾患であるアトピー性皮膚炎がバリア機能低下によってもたらされているのは間違いないことだといえます。

アトピーとステロイド依存症

2016年1月25日 by ameri | No Comments | Filed in 美容術

アトピー性皮膚炎と診断されて治療を行っている人の多くは一度はステロイド外用薬を使ったことがあると思います。

ステロイド薬は、副腎から分泌されるステロイドホルモンを人口的に合成した薬で、炎症を抑制する薬です。

この薬を使うと、これまで何をやっても収まらなかった炎症がピタッと嘘のように治まり、肌もすぐにキレイになることが多いです。

ですが、このステロイドの高い効果が逆に、ステロイドに依存してしまう状態を作り出し、ステロイド薬なしでは生活ができない状態のレベルにまでなってしまう事があります。

しかし、この薬には副作用があります。

特に、1ヶ月以上も使い続けることになると、副作用は出やすくなります。

副作用として最も知られている症状としては、皮膚の萎縮です。

皮膚の細胞の増殖が抑えられることによって皮膚は薄くなってしまいます。

皮膚が薄くなってしまった結果血管が浮き上がり、いわゆる赤ら顔といわれるような状態になります。

皮膚が薄くなってしまうと、肌のバリア機能も低下しやすく、細菌やカビ、ウィルスなどにも感染しやすくなります。

さらに、バリア機能が低下してこうした肌が弱い状態になってしまえば、さらにアトピー性皮膚炎は悪化してしまう事になります。

ステロイドをアトピー性皮膚炎に使うのはやむを得ない場合がほとんどだと思いますが、必要最低限に留めておくのが大事ですね。

セラミドを作り出す薬草

2016年1月24日 by ameri | No Comments | Filed in 美容術

セラミドを作り出すための薬草がある、というのは漢方の世界では常識のようですが、具体的にいうと、苦参(クジン)、甘草(カンゾウ)、当帰(トウキ)などがあります。

漢方でアトピーを治療する場合に使われている薬草というのは、セラミドを作り出す薬草だといってもいいほどの効果があるようですね。

これらの生薬が配合されているセラミドをアトピー性皮膚炎に悩んでいる人に使ってみると、その改善率というのは、8割にも上るんだそうです。

一般的な保湿効果が高いといわれている化粧品であっても、この8割の改善率というは、ほとんど不可能な状態のなかで、漢方で作られた先程の成分が配合された化粧品の有効性というのは非常に高いものだと思います。

アトピーの人はセラミドが足りなかった!

2016年1月23日 by ameri | No Comments | Filed in 美容術

アトピー性皮膚炎の人は例外なくといってもいいほどドライスキンです。

ドライスキンというのは、文字通り乾燥肌のことですが、皮膚から皮脂や水分が著しく不足してしまっている状態です。

さらに、皮膚が薄くなっている状態でもあります。

皮膚のバリア機能は、皮膚の表面である表皮を覆っている皮脂膜がその役割を担っていると考えられていました。

だから、お医者さんたちはアトピー性皮膚炎の対策として、皮脂膜に近い成分であるワセリンを塗っていたんですね。

ですが、皮膚に対しての医学的な研究が進むにつれて、単純に皮脂膜だけではなくて、皮膚の構造自体そのものがバリア機能として働いていることが分かってくるようになったんです。

皮脂膜の下の皮膚は、角質層の細胞がまるで煉瓦のように積まれた状態になっています。

この角質層の細胞がぎっしりと隙間なく並んでいる状態は、外部からのアレルゲンが入り込むことはできません。

この状態こそが皮膚を守っているんですね。

そして、この隙間なく並べるためには、セラミドと呼ばれる細胞間脂質が不可欠です。

セラミドはまるで接着剤のように細胞と細胞をつなぎ、セメントで煉瓦を固定しているような状態で隙間を埋めているんですね。

だから、このセラミドが不足した状態というのは、角質層に隙間が生まれることを意味します。

そして、その隙間からアレルゲンが皮膚のなかに入ってきてしまうことになるのです。

さらに、セラミドは天然の保湿在と呼ばれることがありますが、皮膚に蓄積された水分を皮膚の外に逃がさないようにするための役割も担っています。

ふっくらとして水分がある皮膚というのは、このセラミドが十分にある状態なんですね。

アトピー性皮膚炎の肌は、このバリア機能と保湿機能を担っているセラミドが極端に少ないことが分かっていますが、言い換えれば、アトピー性皮膚炎とセラミドはとても深い関係にあるんですね。

アトピー性皮膚炎で、セラミド補給をしたことがない人は、一度セラミドを補給する対策をとってみて下さい。

きっと何かしらの改善傾向がみられることが期待できます。

ハリがなくなったらコラーゲン、それとも・・

2015年12月29日 by ameri | No Comments | Filed in 美容術

肌にハリがなくなってきたら、だいたいの人はコラーゲンを取り入れようすると思います。

よく宣伝でも言われていますからね。肌にハリ、弾力がないのは、コラーゲンが減少しているからだって。

年齢とともに減少するのは仕方のないことだから、減ってしまったものはドリンクや化粧品で補いましょう、みたいな感じで。

ですが、本当に肌の内部から弾力のあるハリ肌にしようと思ったら、何をしなければいけないか?っていうと、それは肌の弾力を支えている、内部のエラスチンを増やしてあげないといけないんですよ。

ベッドでたとえると、エラスチンはスプリンクラーの役割を肌内部でしていますが、これが少なくなってきてしまった肌にハリがなくなってくるんです。

本当はね。

もちろん、コラーゲンが全く意味のないもの、ということではなくて、より高い効果を期待するのであればエラスチンですね。

潤い成分がサプリメントになった。

2015年12月22日 by ameri | No Comments | Filed in 美容術

化粧品などで肌の潤いを補おうとする30代以降の女性は多いと思いますが、これらの女性のすべての人が乾燥から肌を守れているか?というと、おそらくそうではないでしょう。

なかには、高価な化粧水や美容液を使い続けたのに、結局はいまいち効果を感じることができなかった、なんていうこともあると思います。

そんな人におすすめなのが、化粧品ではなくてサプリメント。

化粧品はあくまでも外側からのケアをするものですが、外側からのケアに限界を感じるているあなたであれば、きっと興味がわくと思います。

保湿成分のセラミドというのは聞いたことがあると思いますが、このセラミドをとれるサプリメントがあるんですね。

珍しいですが、結構いい感じですよ。

ビオサブで美肌菌を育てる!

2015年12月18日 by ameri | No Comments | Filed in 美容術

肌の表面には菌が存在しているみたいですが、この菌は実は肌を美しく、健康に保つためにはとても重要な役割をはたしています。

この菌が存在するおかげで、肌のバリア機能は維持されているぐらい。

ですが、だんだんと年齢を重ねていくたびに、この美肌菌は少なくなってきてしまうんですね。

そんな状態を改善してくれる化粧品があるのを知っていますか?

ビオサブという化粧品で、雑誌でも話題沸騰中の商品です。

美容系雑誌をちょくちょく見ている人なら見かけたことがあるかも知れないですが、エイジングケア化粧品としてはクオリティーが高いといってもいいでしょうね。

ただちょっとネックなのはクオリティーが高い分、価格もそれなりです。

エイジングケアに本気の人限定といったところでしょうか?

アテニアのアイエクストラセラムに含まれている成分

2015年12月6日 by ameri | No Comments | Filed in 美容術

アテニアのアイエクストラセラムにはいろんな成分が含まれています。

セイヨウキズタエキス
コメヌカ油
アロエエキス
シトルリン
マイオキシノール
などなど。

このなかでもセイヨウキズタエキスというのは、あんまり聞いた事がなかったのでちょっと調べてみたのですが、これは肌のたるみやくすみ、それにシミなんかに効果があるみたいですね。

年齢からくる目元のケアに欠かせないもののひとつとしてたるみ対策がありますが、この成分はそのたるみ対策の役割をしているみたいです。

目元のたるみは、まぶたが落ちてきたり、目の下にたまりを作ってしまう事を考えればこうした成分は欠かすことのできない成分だという事ができると思います。

保湿だけではエイジングケアはできないですからね。

それとマイオキシノールはシワに効果がある成分ですが、これがなかなかのやり手の成分で、ボトックス注射をするぐらいであれば、マイオキシノールを塗れ!といわれるぐらいなんだそうですよ。

アテニアアイエクストラセラムセットに【効果なし?】通販購入前の※

化粧崩れは皮脂油と乾燥が原因なんですね。

2015年12月5日 by ameri | No Comments | Filed in 美容術

化粧崩れが起きる原因としてはいくつかのパターンがありますが、大きくわけると皮脂油によって崩れるか、乾燥によって崩れるかのどちらかに大別することができます。

そして、この二つの原因によって何がいけないかっていうと、ファンデーションと肌が密着しないようになってくるんですよね。

密着しないからこそ崩れが起きるわけですが、じゃあどうすれば密着することができるようになるかといえば、化粧下地を自分の肌に合ったものを選ぶこと。

化粧下地の選び方としては、まずは自分の化粧崩れが先程の2つのパターンのどちらに当てはまるか、もしくはどちらにも当てはまるっていう場合もあるかも知れないですね。

その対策ができるものを選ぶのが王道であり、最も効果的な方法といってもいいですね。