日本の株価上昇には2つの意見がある

2015年4月23日 by ameri | Filed under 気になる話題.

日本の株価が終値で2万円代を記録したことについてだいぶ話題になっているようですね。

十数年ぶりということもあって。

そして、この現状については、意見が分かれています。

ポジティブとネガティブに。

まず、ポジティブな考えの人は、今後は経済がよくなる傾向にあるので、もう少し株価が高くなってもおかしくないと考えています。

つまり、今は実態経済を反映していないという状況に対して、今後は実態経済もよくなってくるだろうから、まだ株価は上がる余地があるというわけです。

では、ネガティブな方はどうかというと、今の株価は日本企業の実力よりも過大に評価されている傾向にあるのでこれは、バブルの前兆だ、という考えです。

両方の考えにはどちらも納得できる部分があると思いますが、個人的には今後経済がよくなることもあるだろうが、かといってそれがバブルの温床にならないということではない、といったところです。

経済は常に良くなったり、悪くなったりするものですが、バブルはその過程のなかで生まれるものだと思います。

ある意味バブルが発生するのは、経済のサイクルのなかでは避けることができないのでは?と思っています。